BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
デジカメ買いました。
デジカメはしばらくRicohのCaplio GX8を使ってきたが、このところ、望遠の圧縮効果を生かした構図も面白いなと思い始めてきて、広角も望遠も強いコンパクトデジカメが欲しいと思っていた。
で、ネットで色々調べていいなと思ったのが以下の2機種。
●Ricoh Caplio R6(→参考記事
●Panasonic LUMIX TZ3(→参考記事
どちらの機種も広角側は28mm。
望遠側はCaplio R6が200mm、LUMIX TZ3が280mmで、望遠についてはLUMIX TZ3の方が強力。
実際に店で触ってみた感じでは、Caplio R6の方がコンパクト軽量でしかも動作がきびきびしていて好印象。しかもCaplio R6はマクロがとにかく強力。
一方のLUMIX TZ3はCaplio R6に比べると重量は重めだが、マルチアスペクト(4:3、3:2、16:9のそれぞれのアスペクト比で広角28mm)という機能は魅力的。
しばらく悩んで最終的にはマルチアスペクトが決め手となってLUMIX TZ3を購入。
人間の視野角に近いと言われる16:9のアスペクト比で写真を撮ってみたかったし、しばらくRicoh続きであったので、使った事のないPanasonicの機器を使ってみたかったというのもある。
マルチアスペクトにこだわらなければ間違いなくCaplio R6を購入していたと思うが・・・。


20070729.jpg

最近のコンパクトデジカメとしては、比較的男前な(ゴツいとも言う?)スタイル。
グリップ部のでっぱりもいい感じ。


ちなみに今まで使っていたRicoh Caplio GX8と比べると・・・
■メリット
 ・望遠が強力
 ・マルチアスペクト
 ・液晶画面が大きい
■デメリット
 ・マニュアル撮影(絞りやシャッタースピードのマニュアル調整)ができない
 ・マクロが弱い
 ・広角側が弱い(Caplio GX8にはワイコン付けて22mmにしてたので)
 ・専用バッテリーしか使えない
 ・バッテリーの持ちがいまいち
 ・両吊りストラップが使えない
などなど、デメリットも多いが、しばらくはLUMIX TZ3を使用してみようと思います。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。