BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
大井川・御前崎ポタ(1日目)
かねてから走りたかった大井川沿いを10月6日~7日にかけて走ってきました。
で、せっかくそこまで行くのだからという事でもう1泊して10月8日は御前崎を走ってきました。


■日時
  2006年10月6日(金) 雨
■行程
 ・自宅~(輪行)~井川駅~井川湖~寸又峡温泉の宿
■お目当てなど
 ・大井川鉄道輪行
 ・井川湖
■今回の走行データ
 ・走行距離: 41.6km
 ・走行時間: 2時間42分
 ・平均速度: 15.4km/h
 ・最高速度: 48.8km/h
 ・総上昇量: 583m
 ・ルート図 : こちらをクリックしてください
 ・標高図  : こちらをクリックしてください


5:30頃自宅出発。
東京駅で駅弁を買い、
7:06東京発の新幹線、ひかり401号に乗車。


20061016182155.jpg

いつも通り車両内最後尾席を予約し席裏にチャリを押し込む。


20061016182202.jpg

20061016182208.jpg

東京から静岡までは1時間ちょっとしかかからない。
あまり早く食べるのもなんなので静岡駅到着20分前くらいに東京駅で買った駅弁『鶏づくし』を食べる。
美味かったのだけど、鶏ずくし過ぎてちょっと飽きてしまうかもしれない。(^_^;)
8:08静岡駅到着。
在来線に乗換え8:57金谷駅に到着。


20061006.jpg

金谷駅にて関西から来た知人と合流。
9:16発の大井川鉄道大井川本線に乗る。
外見は普通・・・
20061016180728.jpg

中の座席なんかも普通かと思ったのが・・・
20061016180737.jpg

飲み物の自動販売機が車両内にそのままどーんと置いてあるのは面白かったです。
ちなみにこの車両は元京阪本線の特急用車両だったようです。


20061016180747.jpg

金谷から井川までは3090円。
切符を買ったときは高いなぁ~と思ったものの千頭からの大井川鉄道井川線のサービスぶりに後でこの金額にも納得。


20061016180801.jpg

車窓より。
雨の中、信楽焼きのタヌキもちょっと寒そうです。


10:31千頭駅に到着。
井川線への乗換え時間が短いので、駅にて食料を慌てて調達。
井川線のホームに向かおうとしたところ、駅員さんに呼び止められる。
自転車は手荷物料金(260円だったかな?)が必要との事。
手荷物料金を払い、10:35発の大井川鉄道井川線に飛び乗るようにして乗り込む。


20061016180811.jpg



井川線の車内の様子。
車内はこれまでに乗ったどの列車よりも狭くて、幅も狭ければ高さも低い。
立つと頭が天井に付いてしまいそうです。
手荷物料金が必要なのも納得。
紅葉などの混雑する時期はチャリを載せるのは結構肩身狭いだろうなぁと思いました。


20061016180820.jpg

20061016180831.jpg

車窓からの眺め。
車掌さんがマイクを使って色々観光案内してくれるし、眺めの良い所なんかではゆっくり走ってくれたりもします。
観光バスならぬ観光列車といったところで、雨にもかかわらずなんか楽しかったです。


20061016180841.jpg

井川線の外見はこんな感じです。
最後尾車両が押している格好になっていて、一番前の車両に乗ったこともあり、駅などで停車している時はシーンと静かになり・・・なんとなく不思議な感覚でした。


20061016180851.jpg

井川線はアプトいちしろ駅でアプト車両を連結し、長島ダム駅までの急勾配をラックレールでゴリゴリと登ります。


20061016180901.jpg

大井川にはダムが多く、車窓からもいくつかのダムを眺めることができます。


20061016180912.jpg

12:18井川駅着。
かなり雨が降っている。
駅の待合室でとりあえず腹ごしらえ。
千頭駅で買った駅弁を食べる。
手作り感があってなかなか美味しかったです。
弁当を食べた後、BD-1を組み立てる。
コンビニなどはないだろうと思い、駅員さんにパンとか売っているお店があるか聞いたところ、ホームの階段を降りてすぐの所に売店があるとのこと。
そのお店でパンと饅頭を買い井川ダムへ向かう。
#いわゆるコンビニは全くないので、おにぎりなどは地元のコンビニ等で調達しておいた方がいいかも。


20061016180921.jpg

井川駅から井川ダムはすぐ。
ダムには大抵資料館みたいなものがあるがここも例外ではなく井川展示館というのがあった。
平日ということもありいたのは自分達二人だけ。
しばしそこで色々見た後、井川湖の周りを走リ始める。


20061016180931.jpg

井川大橋。
車一台がどうにか通れる幅しかない。
慣れてないと怖いでしょうね。
ドシャ降りという事もあり早く宿に行って温泉に入ろうという事で、ここで引き返し寸又峡へ向かう。


20061016180942.jpg

20061016180952.jpg

20061016181002.jpg

20061016181011.jpg

寸又峡へ向かう途中。
天気が良ければさらに気持ちいいだろうと思わなくもない。
徐々に雨も小降りになってきた。


20061016181022.jpg

井川線が見える。
すごいとこ走ってます。
20061016181032.jpg

アップ。


奥泉辺りで寸又峡へ入る道へと折れる。
そこそこアップダウンがあり宿に着いたのはすっかり日も暮れた18:00。
早速温泉に入り、夕食を食べ、また温泉に入り、酒を飲み・・・
湿り気を帯びつつも冴え冴えとした空気の中、まん丸い月が温泉から見え・・・明日は天気良さそう。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。