BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
九十九里・外房ポタ(2日目)
2日目は銚子から御宿まで約120kmを走るつもりだったのだが・・・


■日時
  2006年12月30日(土) 晴れ
■行程
 ・銚子駅近くのホテル~太平洋岸自転車道~道の駅『オライはすぬま』~上総一ノ宮駅~(電車)~御宿駅~御宿駅近くの宿
■お目当てなど
 ・犬吠埼
 ・屏風ヶ浦
 ・太平洋岸自転車道
■今回の走行データ
 ・走行距離: 96.9km
 ・走行時間: 6時間30分
 ・平均速度: 14.9km/h
 ・最高速度: 41.7km/h
 ・総上昇量: 566m
 ・ルート図 : こちらをクリックしてください


初日の出というわけでもないが、日の出を見ようと6:00起床。
準備をして6:30に宿を出発。
近くのコンビニで食料調達し利根川河口へ。


20061230.jpg

銚子港にて。
夜明け。
散歩している人がちらほら。


20070106184133.jpg

海で日の出を見るのは久しぶりかも。


20070106184142.jpg

20070106184153.jpg

君ヶ浜近辺の砂浜にて。
聴こえるのは波の音ばかり。


20070106184202.jpg

犬吠埼到着。
20070106184219.jpg

20070106184228.jpg

8:30の灯台開館まで時間があったので崖下の散策路をしばしぶらぶら。
20070106184236.jpg

20070106184245.jpg

20070106184253.jpg

自然が長い年月をかけて生み出した造形にちょっと感動。


20070106184211.jpg

開館時間になったので灯台へ。
20070106184345.jpg

綺麗な白亜の灯台です。
20070106184311.jpg

20070106184319.jpg

99段の階段を登ると太平洋をぐるりと見張らせる素晴らしい眺望が広がる。
灯台前の広場にはDGPS局が設置されている。


20070106184328.jpg

灯台を降りた後、灯台にくっついた展示室へ。
日本のみならず海外の灯台まで紹介されていました。


20070106184337.jpg

こちらは灯台隣にある資料展示館。
大きなフレネル式レンズが鎮座している。
最近できたのか資料パネルなど新しいが、紹介されている内容については先ほどの展示室とそれほど変わらない。


20070106184355.jpg

海沿いを走り屏風ヶ浦に到着。
地層が剥き出しになった崖が延々と続く様はなかなか壮観。
車の入れない道を見つけ、さいこー!と思っていたのだが・・・
20070106184406.jpg

途中から道が崩れていたり、落石があったり・・・
20070106184417.jpg

終いにはこんな感じ。
波に濡れて黒くなっている部分はぬるぬるして異様に滑る。
おまけに斜めになっているのでチャリもろとも海に落ちそうになり・・・
かなり身の危険を感じ、敢え無く引き返す事に。(^_^;)


20070106184435.jpg

刑部岬にある飯岡刑部岬展望館にて。
なかなかいい眺め。
20070106184426.jpg

展望館近くにあった売店でソフトクリーム購入。
寒くても美味いものは美味いんです。(^_^;)


20070106184444.jpg

飯岡を過ぎた辺りから太平洋岸自転車道に乗る。
砂が積もっているような所もほとんどなくとても走りやすい道だったのだが、向かい風(昨日と同じ西北西の風)がきつくスピードが出ない。


20070106184455.jpg

向かい風に苦しみながら、道の駅『オライはすぬま』に到着。
結構ぐったり。
お目当てのいわし丼(650円)を食べる。
美味くてかなり満足。
少し気力回復。


20070106184504.jpg

20070106184513.jpg

蓮沼近辺には道端や海岸にこんなものが。
何でしょうか?


20070106184530.jpg

20070106184522.jpg

20070106184537.jpg

九十九里浜沿いの道路を走っていると、所々砂浜に通じる道があり、時間がないとわかっていてもついつい海を見たくなり行ってしまう。
ここは伊藤左千夫歌碑のある海水浴場。
とにかく広々している。
空、海、砂浜、夕陽、海鳥、散歩する人々・・・なんとも言えない気持ちよさ。


20070106184601.jpg

やはり砂浜へ通じる道を入ってみると、今度は巻貝のような形をした塔が。
20070106184546.jpg

塔からの眺め。
どこまでも続くかと思われる海岸。
20070106184554.jpg

日没間近。


この後は、日も暮れたし向かい風で体力消耗したしという事で、上総一ノ宮駅から御宿駅までは輪行。(^_^;)
線路沿いはこれができるから助かる。
御宿駅近辺の宿に着くと御主人?がすぐに対応してくれ、暖房が効いていて布団まで敷いてある部屋に入った時はちょっと嬉しかった。
すぐに風呂で冷えた体を温める。
風呂上りのビールは最高。
疲れとほろ酔いですぐに寝てしまった。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。