BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
水上~奥利根湖ポタ
いまさらながらGWの時のポタ記。
ここんとこ週末天気が良くて出かけてばかり・・・全然書くのが追っつかない。(^_^;)
車では何度も行っている水上~奥利根湖近辺を走ってきました。


■日時
  2007年5月5日(土) 晴れ
■行程
 ・自宅~[車]~道の駅『水紀行館』→ BD-1 →藤原湖→ BD-1 →洞元湖→ BD-1 →奥利根湖→ BD-1 →洞元湖→ BD-1 →奈良俣ダム→ BD-1 →藤原湖→ BD-1 →道の駅『水紀行館』~[車]~温泉~[車]~自宅
■お目当てなど
 ・特になし
■今回の走行データ
 ・走行距離: 71.5km
 ・走行時間: 4時間53分
 ・平均速度: 14.6km/h
 ・最高速度: 54.3km/h
 ・総上昇量: 1263m
 ・ルート図 : こちらをクリックしてください
 ・標高図  : こちらをクリックしてください


5:30過ぎに自宅発。
近くのコンビニで食料調達。
もう一月も前の事なのでウロ覚えだが、関越道はそれ程混んでいなかったと思う。


20070505.jpg

8:00前くらいに道の駅『水上町・水紀行館』に到着。
目の前には利根川が広がりなかなかのロケーション。
利根川も源流近くは川幅もそこそこというところ。
水はさすがに綺麗です(下流に比べればですが)。
チャリを準備してブラブラ走り始める。


20070521001820.jpg

水上温泉街。
まだ朝早いので人通りもまばら。


20070521001831.jpg

温泉街を抜けた所にある橋から谷川連峰を眺める。
橋下の利根川は流れが急だ。


水上駅を過ぎた後、国道291に入り、湯檜曽(ゆびそ)駅手前で県道63号へと進む。


20070521001844.jpg

20070521001904.jpg

小森ダム。
ダムというよりは堰といった感じか。
ダムの高さは33mとの事だが落ち込んでいく水の勢いには圧倒される。


20070521001932.jpg

藤原ダム。
ちょっと不安だったが藤原湖北側の林道へと進む。


20070521001948.jpg

20070521002001.jpg

車が通れる道ではないので、そういう意味ではいいのだが、落ち葉や落石がゴロゴロしたすごい道。
途中見晴らしのいい所もあったりするが、危険なのでお勧めはできません。
立ち止まると静寂が訪れ、イノシシや熊でも出て来そうな雰囲気。
林道を抜けて車通りのある道と合流した時には少しほっとした。(^_^;)


20070521002012.jpg

20070521002024.jpg

藤原湖北端付近にあった公園にて少し休憩。
桜や水芭蕉が咲いていた。


20070521002039.jpg

藤原湖を過ぎ、再び県道63号を北上。
須田貝ダム手前で奥利根湖へ向かう道に折れる。


20070521002114.jpg

須田貝ダムを高所より眺めて。
すごい勢いで水が放流されている。


20070521002131.jpg

あちこちで見かけたヤナギ科の花。


20070521002142.jpg

南北に細長く伸びる洞元湖。
アップダウンはそこそこあるものの、湖沿いに走れて気持ちいい。
新緑だったらもっと気持ちいいでしょうね。
春の訪れが遅い。


20070521002154.jpg

矢木沢ダム手前の橋にて。
右奥に矢木沢ダムが見える。
ここからダム頂上付近まで100m強を一気に登る。


20070521002220.jpg

20070521002237.jpg

勾配は10%前後なので軽いギアでゆっくり登ればそれ程きつくもない。
熊出没の張り紙があちこちに貼ってある。
この道路?で撮ったかのような写真がリアリティあり恐ろしい。(^_^;)


20070521002311.jpg

矢木沢ダムに到着!と思ったら水量が随分と少ない。
いつもは水を満々と湛えているのに・・・なんか殺伐としていてちょっとがっくり。(-_-;)
20070521002441.jpg

20070521002350.jpg

20070521002332.jpg

20070521002409.jpg

ダム脇にあるネイチャービュー矢木沢にて少し休憩。
窓際に並ぶ椅子の頭の部分にはスピーカーが埋め込まれていて、この近辺やダムにまつわる10種類の小話を聴くことができる。
ステレオの臨場感が気に入っていて来るたびに飽きずに聴いている。(^_^;)
20070521002421.jpg

20070521002451.jpg

うーん、水が少ないと鉱石の採掘場のようです。
20070521002504.jpg

矢木沢ダムを上から眺めて。
高さ131m、なかなかのスケールです。


洞元湖沿いに来た道を戻る。


20070521002534.jpg

須田貝発電所脇にある電力館は何度も入っているので今回はパス。


20070521002518.jpg

須田貝ダムを下から眺めて。
電力館の人?が団体の見学者達に色々と説明をしていた。


20070521002702.jpg

奈良俣ダムを下から眺めて。
ロックフィルダムだけあり、びっしりと岩を積み上げたダムはなかなか壮観。
ここからダムの上まで続く遊歩道があるが時間もないので今回はパス。
車で来る時はダムの上にある奈良俣資料館にも立ち寄るがそちらもパス。


20070521002718.jpg

20070521002731.jpg

洞元湖の南端付近に湖沿いに走る林道があったので走ってみたが・・・トンネル手前で土が埋まっていて行き止まり。
トンネルを覗くも真っ暗で熊でも出て来そう。
あっさり引き返す。(^_^;)


20070521002755.jpg

20070521002844.jpg

帰りは藤原湖の東側を通った以外は基本的に来た道を戻る。中盤以降もなんだかんだでアップダウンがそこそこあり、道の駅に戻った時には結構ぐったり。


疲れを癒すべく湯テルメ谷川(相変わらず人多かった・・・)で温泉に入り帰宅した。
前半は空気も清清しく気持ちよかったのですが、風景的には単調なので、終盤はちょっと飽きてしまったという感じでした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。