BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
九州ポタ(2日目)
6:00過ぎに起床。
今日も天気がいい。
爽やかな空気の中、露天風呂に入る。
あ~極楽。
朝食も美味しくいただき、8:00過ぎに出発。


■日時
  2007年9月21日(金) 晴れ
■行程
 ・湯布院の宿→ BD-1 →湯布院~[バス]~飯田高原→ BD-1 →九重“夢”大吊橋→ BD-1 →長者原ビジターセンター→ BD-1 →寒の地獄温泉→ BD-1 →大観峰→ BD-1 →内牧の宿
■お目当てなど
 ・やまなみハイウェイ
 ・大観峰からの眺め
■今回の走行データ
 ・走行距離: 55.2km
 ・走行時間: 4時間8分
 ・平均速度: 13.3km/h
 ・最高速度: 56.6km/h
 ・総上昇量: 804m
 ・ルート図 : こちらをクリックしてください(バスのルートは適当に引いてます)
 ・標高図  : こちらをクリックしてください


20070921.jpg

宿から10分程でバス停(湯布院)に到着。
湯布院駅からはちょっと離れた所にあるので事前に場所を確認しておいた方が無難です。しばらく待つと9:07発のバス(九州産交バス:くじゅう2号)が来たので、車体横のトランクにチャリを積み、バスに乗り込む。
平日だからか車中は空いていた。


20071027195006.jpg

9:50頃、飯田高原(はんだこうげん)に到着。
バス停の周りには特に何があるわけでもなく、ただただ高原の風景が広がる。
当初は、1つ手前の小田の池で降りてそこから走る予定であったが、知人の提案で、日本一長い人道吊橋を見に行こうという事になり・・・。
チャリを組み立て出発。


20071027195033.jpg

九酔渓方面へ数km走り、九重“夢”大吊橋の駐車場に到着・・・と思ったら、チェーンテンショナーがスプロケに巻き込まれるというトラブル発生。
チェーンテンショナーを外して、スプロケから何とか引き剥がし、ひん曲がってしまったチェーンテンショナーを整形して、再びチェーンテンショナーを取り付けてなんて事をやっていたら30分近く経過。
チェーンテンショナーの取り付けが緩かったのか・・・原因不明。
今回のツーリングで唯一のチャリトラブルであったが、えらい大変でした。(^_^;)
肝心の吊橋の方はといえば写真ではそうでもないけど結構多くの人が往復していました。


20071027195042.jpg

長者原手前にあったパーキングで昼食。
だんご汁定食(1100円)。
“だんご”は小麦粉で作った平たい麺のことで“だご”とも呼ぶそうな。
20071027195051.jpg

パーキング内にあった長者湧水をペットボトルに入れる。
ミネラル豊富で年間を通して水温は13℃程度とのこと。


20071027195101.jpg

20071027195127.jpg

20071027195138.jpg

長者原近辺。
県道11号(通称、やまなみハイウェイ)を快走する。
ツーリングマップルに“九州ツーリングのハイライト”と書いてあっただけあり、くじゅう連山を眺めながら最高の気分。(^_^)


20071027195908.jpg

長者原ビジターセンターに立ち寄った後、寒の地獄温泉で休憩。
水着を持ってなかったので混浴の冷泉には入れなかったが、温泉と冷泉のある大浴場に入ることができた。
この冷泉が13℃前後と冷たくて、体全体を入れるにはちょっとおもいきりがいりました。(^_^;)


20071027195211.jpg

進むにつれ刻々と変わる風景を堪能しながら黙々と登る。


20071027195219.jpg

20071027195227.jpg

牧ノ戸峠の駐車場にてしばし休憩。
売店があったのでソフトクリームをば・・・いつものパターン。(^_^;)
道路を渡って少し歩くと牧ノ戸展望台があります。
また、ここは久住山登山の玄関口になっているようで、大勢の人(年配の方々や女子高生?の団体)が登山をしていました。


20071027195238.jpg

ひたすらやまなみハイウェイ・・・


20071027195247.jpg

(たぶん)やまなみ高原牧場近辺。


20071027195256.jpg

20071027195305.jpg

しつこくやまなみハイウェイ。
日本離れした?風景にただただ感動。


20071027195314.jpg

感動しきりのやまなみハイウェイを離れ、県道45号を西進。
アップダウンを繰り返しながら大観峰へ向かう。


20071027195323.jpg

20071027195332.jpg

大観峰にて。
標高936m、阿蘇外輪山の最高峰。
ツーリングマップルには“ここに来ずして阿蘇は語れない!”と書いてある。(^_^;)
外輪山の縁にいるということを実感できる素晴らしい展望。
釈迦の涅槃像にそっくりと言われる阿蘇五岳も少し雲がかかっているもののよく見える。
まったりしているとタクシーの運転手さんに声をかけられしばし雑談。
全国あちこちを周られているようで、色々と面白い話を聞かせて頂きました。(^_^)


大観峰から宿のある内牧までは400m近くを一気に下る。
宿がなかなか見つからずしばしうろうろしたがどうにか到着。
まずは温泉に入って疲れを癒す。


20071030203708.jpg

温泉に入った後はお楽しみの夕食。
生ビールもキンキンに冷えたグラスで最高に美味かったです。
夕食後、1時間ばかり温泉卓球に興じ(久々だなぁ~)、再び露天の温泉へ。
あ~極楽。(^_^)
2日目にしてすっかり九州の雄大な自然に魅了されてしまった。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。