BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
九州ポタ(7日目)
今回の旅行も残すところあと2日。
いつもの事ながら、旅の終わりの寂しさを少しだけ感じ始める。


■日時
  2007年9月26日(水) 晴れ
■行程
 ・指宿の宿→ BD-1 →魚見岳→ BD-1 →砂むし温泉→ BD-1 →長崎鼻→ BD-1 →開聞岳→ BD-1 →頴娃駅~[電車]~鹿児島中央駅→ BD-1 →鹿児島の宿
■お目当てなど
 ・知林ヶ島
 ・砂むし温泉
 ・開聞岳
■今回の走行データ
 ・走行距離: 49.2km
 ・走行時間: 3時間31分
 ・平均速度: 14.0km/h
 ・最高速度: 46.4km/h
 ・総上昇量: 691m
 ・ルート図 : こちらをクリックしてください
 ・標高図  : こちらをクリックしてください


8:00前に起床。
久しぶりにのんびり。
昨晩入ってすっかり気に入ってしまった温泉へ。
露天風呂から外を眺めると朝日に照らされた砂浜と海が広がっている。
砂浜を散歩する人を眺めたりしながら露天風呂に浸かっていると、昨晩同様に、贅沢な時間を過ごしているなぁと実感する。


20070926.jpg

朝食はバイキング。
最近は安いビジネスホテルでも朝食バイキングが充実しているので、ちょっと物足りない気がしなくもない。
どちらかと言えば御年配向け?にあっさりシンプルなメニューにしているのかも。


20071104232900.jpg

9:30過ぎ、宿をチェックアウトして出発。


20071104232912.jpg

魚見岳へと続く登り道。
勾配10%前後の道をえっちらおっちら200mくらい登る。


20071104232931.jpg

20071104232944.jpg

20071104232922.jpg

20071104232954.jpg

魚見岳到着。
いやいやいい眺め。
お目当ての知林ヶ島がよく見える。
旅の計画当初(6月頃)、一番楽しみにしていたのが知林ヶ島への渡島だったのだが、7月の台風で砂州を形成している砂の多くが流されてしまい、渡島は不可となってしまった(来年の春以降にならないと砂州は復活しないとのこと)。
この日のこの時間には潮が引いて砂州が現れるはずだったのだが、写真の通り砂州は水没したままだ。
しばらく景色をぼーっと眺めていると、毎日のように魚見岳に登って来るという近所の御年配に話しかけられる。
展望台の下に置いたBD-1を見て、自転車で登ってきたことに少し驚いたとのこと。
ここからの眺めのことや指宿近辺の色々な事を教えて頂いた。
今日は見えないが、空気が澄んでいれば桜島や開聞岳などもよく見えるとのこと。
1時間近く雑談・・・土地の人が気軽に話しかけてくれるのは1人旅ならではか。
もっとゆっくり見ていたい眺めだったがまだまだ走らなければならないので出発する。


魚見岳から北側の急坂道をあっという間に下る。
知林ヶ島を間近にして、どうしても砂州まで行ってみたくなった。
キャンプ場近くに駐車場があったので、そこにチャリを置いて散策。


20071104233005.jpg

砂州に近づくと監視員のおじさんがいた。
砂州の先端まで行っていいか確認するとOKとの事。
20071104233014.jpg

砂州の両側から穏やかに寄せる波を眺めながら・・・
20071104233023.jpg

ゆっくりと進む。
20071104233038.jpg

ここが砂州の先端。
こんな面白い所に自分一人でいるなんてちょっと贅沢な気分。(^_^;)
20071104233046.jpg

後ろを振り返りながら来た道をゆっくりと戻る。
数時間前までは海の底だった所を歩いているなんて少し不思議な気分がする。


20071104233056.jpg

砂州の根元近辺。
何て植物でしょうね。


20071104233143.jpg

駐車場近辺。
南国情緒あり。
知林ヶ島には渡れなかったが十分満足した。


20071104233121.jpg

海岸沿いの道を南下してしばらくすると砂むし温泉が見えてきた・・・程なく到着。
お目当ての砂むし温泉は平日だからかそれほど混んでいなかった。
案内に従い砂むし温泉を体験する。
うーん、背中と尻が熱かった。(^_^;)


20071104233131.jpg

砂むし温泉を後にし、海岸沿いの道をひたすら南下。


20071104233111.jpg

20071104233151.jpg

20071104233200.jpg

長崎鼻到着。
チャリを置いて散策する。
開聞岳がよく見える。


20071104233211.jpg

長崎鼻を後にすると開聞岳も間近。


20071104233235.jpg

開聞山麓自然公園の入口に到着。
開聞岳の南側を周るので左側(開聞岳一周道路)へと進む。


20071104233244.jpg

開聞岳一周道路へ進むと、初めのうちはこんな感じのトンネルが続く。
このトンネル、そこそこな勾配の登りの上、路面の状態があまりよくない。
しかも結構距離が長いので走っててちょっと恐い。


20071104233257.jpg

20071104233307.jpg

トンネルを抜けるとほぼ下り。
途中海も見え気持ちよく走れる。


20071104233318.jpg

一周道路をほぼ走りきった辺り。
畑の向こうにやっと順光になった開聞岳が見えてきた。


20071104233329.jpg

R226沿いにある富士見PA付近より。
薩摩富士と呼ばれるだけあり、開聞岳は本当に綺麗な形をした山です。


20070926_50.jpg

時間に余裕があるので、頴娃(えい)駅近辺の海岸で暇つぶし。
周りには人一人いない。
夕日を眺めながら、何も考えず波の音に耳を傾ける。


20071104233354.jpg

頴娃駅にて。
周りに何もない無人駅。
薄暗い中、電車を待っているのは自分一人・・・ちょっと寂しい。(^_^;)
18:56発の指宿枕崎線に乗る。
車内は中高生の通学電車状態。
といっても混雑しているという程ではないので、輪行も楽だし座れたので助かった。
山川駅で乗り換え、鹿児島中央駅に到着したのは20:48。
コンビニで夜食とビールを買い、ホテルに向かった。
長い1日だった。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。