BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
奥入瀬・十和田湖ポタ(1日目)
大混雑するであろう紅葉時期を避け、10月初旬に奥入瀬、十和田湖近辺を走ってきました。


■日時
  2007年10月5日(金) 雨後晴れ時々雨後晴れ
■行程
 ・自宅~[電車]~羽田空港~[飛行機]~三沢空港~[バス]~三沢駅~[電車]~十和田市駅→ BD-1 →道の駅『奥入瀬』→ BD-1 →奥入瀬渓流→ BD-1 →子の口~[バス]~十和田湖(休屋)→ BD-1 →宿
■お目当てなど
 ・奥入瀬渓流
■今回の走行データ
 ・走行距離: 43.5km
 ・走行時間: 3時間15分
 ・平均速度: 13.3km/h
 ・最高速度: 41.3km/h
 ・総上昇量: 442m
 ・ルート図 : 走行ルート(on Googleマップ)と高低図を表示する


5時過ぎ自宅発。
いつも通り最寄り駅より輪行。
7:00過ぎに羽田空港着。


20071005.jpg

チェックイン後、手荷物カウンターでBD-1を預け、いつもとは違う店でビーフカレーを食べる。
お値段もそこそこするが美味かった。


20071117114849.jpg

JAL1225便の飛行機までバスで移動。
機内に乗り込むと座席はほぼ満席状態。
座席近辺の収納棚は既に空きがなく、仕方ないのでCAのお姉さんにリュックを預け適当な棚に入れてもらう。
やはり早めに搭乗しておいた方がいいですね。
滑走路には順番待ちの飛行機がずらっと並び・・・定刻を少し遅れ、8:00過ぎに離陸。


20071117114857.jpg

いつも通り窓際の席。
地図をイメージしながら窓からの景色を眺める。
北上するにつれ雲が多くなる。


予定を10分程度遅れ9:20頃に三沢空港到着。
空は明るいものの雨が少しぱらついている。
天気が良ければ三沢駅まではチャリで行くつもりであったが、雨が降っているし時間もあまりないしで迷わず連絡バスを利用。
九州ツーリングで何度も経験したのでバス輪行も抵抗なくなった。
飛行機が延着したので、予定では9:25発のバスも5分以上遅れて出発。


20071117114905.jpg

15分程バスに揺られ、9:45過ぎに三沢駅に到着。
9:55発の十和田観光電鉄に乗る。
20071117114914.jpg

車内の様子。
空いているので輪行も楽。
20071117114922.jpg

東急線で使われていた車両?
そう言われれば見覚えのある外観かも。
昭和37年に製造され、2回改造を施されている様子。
20071117114931.jpg

10:22 十和田市駅着。
天気も良くなってきた。
雨が降っていたのは空港近辺だけのようだ。


20071117114939.jpg

チャリを組み立てのんびり出発。
市街地と言えど車は少なく走りやすい。


20071117115005.jpg

20071117114948.jpg

県道166号。
田園風景を眺めながらゆるゆると走る。
車もほとんど通らない。
刈り取った藁を束にしたものをそこかしこで見ることができる。


20071117115014.jpg

道の駅『奥入瀬』に到着。
20071117115022.jpg

平日開店直後だからかレストランは空いていた。
和牛グラタンシチュー(1764円)を注文。
ライスをおかわりし満腹。
なかなか美味かったです。
20071117115030.jpg

食後は抹茶ソフト。
濃厚でボリュームもあり・・・ちょっと食べ過ぎた感あり。(^_^;)
その辺を少しぶらついてから出発。


20071117115038.jpg

20071117115047.jpg

20071117115057.jpg

R102は車の交通量がそこそこ多いので、相坂川を挟んで反対側にある裏道を走る。
こちらは車もほとんど通らず快適。
昼食食べ過ぎて少し腹が重いが・・・。(^_^;)


20071117115107.jpg

十和田湖温泉郷近辺にて。
ぱらぱらと雨が降り始める。
奥入瀬渓流館で少し雨宿り。
ほとんど雨があがったところで出発。


20071117115116.jpg

20071117115125.jpg

20071117115143.jpg

20071117115152.jpg

奥入瀬渓流沿いのR102を走る。
登り道ではあるが勾配はいたって緩やか。
紅葉前の平日ということもあり、車も比較的少なく快適。
路肩が狭いので紅葉時期は渋滞で走りにくくなりそうではある。
20071117115203.jpg

雲井の滝に白布の滝。
20071117115211.jpg

こちらは銚子大滝。
幅約15m、落差7mの奥入瀬渓流の本流では唯一の滝とのこと。
20071117115221.jpg

20071117115232.jpg

川中の岩から生える幼木の風情がなんともいい感じ。
紅葉時期はそりゃ素晴らしいでしょうねぇ。
大混雑しそうですが。(^_^;)


20071117115240.jpg

奥入瀬渓流を登り終えた所にある橋の上より。
ここが十和田湖から奥入瀬川が生まれ出るところ。
十和田湖という巨大な水瓶からするすると流れ落ちる水はとても綺麗である。


20071117115250.jpg

子ノ口近辺の遊覧船乗り場近くにて。
16:30発の休屋行きの遊覧船に僅かに間に合わず。
休屋までは走ってもよかったのだが、明日走るルートだし途中150mの登りがあるし大分暗くなってきたしでバスを待つことに。


20071117115301.jpg

先程の奥入瀬川の流れ出る所に架かる橋から夕暮れの十和田湖をぼんやり眺めながらバスを待っていると、車から降りてきた人に声をかけられる。
写真を撮って観光資料などを作る仕事をされているとのことで15分ばかり雑談。
十和田・八甲田の風景写真をあしらったビニールフォルダーまで頂いてしまい恐縮です。(^_^)


20071117115316.jpg

17:15 子ノ口発の『おいらせ27号』に乗車。
いわゆる観光バスタイプだったので車体横のトランクにチャリを入れさせてもらうつもりだったのだが、車中に入れていいとのこと(というか、自分がチャリと言い忘れたので、普通の荷物と勘違いされてそう言われたという感じでした)。
20071117115308.jpg

で、九州ツーリングで知覧へ向かった時のバスと同様にこんな有様。(^_^;)
まぁ車中を担ぐのも慣れたし手元にチャリがあるのはやはり安心。
このバスの運転手さんはサービス精神旺盛で、バスガイドさながらに色々と説明してくれたので短い時間だったが楽しい気分で車中を過ごす事ができた。
17:30過ぎに十和田湖(休屋)に到着。


20071117115325.jpg

今晩の宿は十和田湖(休屋)バス停から程近い所にある国民宿舎。
温泉はこじんまりしていたが、熱めの湯は疲れた体に心地よく沁み入る。
風呂上りのビールが最高に美味い。
夕食は地元の食材を使っているという素朴なもの。
一品一品シンプルな美味しさ。
ご飯も美味しくて3杯いただきました。(^_^;)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。