BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
奥入瀬・十和田湖ポタ(3日目)
3日目のお目当ては蔦沼周辺の散策。


■日時
  2007年10月7日(日) 晴れ
■行程
 ・宿→ BD-1 →十和田湖(休屋)~[バス]~子の口→ BD-1 →蔦温泉→ BD-1 →道の駅『奥入瀬』→ BD-1 →十和田市駅~[電車]~八戸駅~[新幹線]~東京~[電車]~自宅
■お目当てなど
 ・蔦沼周辺散策
 ・蔦温泉
■今回の走行データ
 ・走行距離: 49.3km
 ・走行時間: 2時間42分
 ・平均速度: 18.1km/h
 ・最高速度: 47.7km/h
 ・総上昇量: 403m
 ・ルート図 : 走行ルート(on Googleマップ)と高低図を表示する


6:30起床。
簡単な朝食を済ませ、7:30前にチェックアウトし出発。


20071007.jpg

20071118212640.jpg

20071118212649.jpg

バスの出発までに少し時間があるので、乙女の像まで十和田湖畔沿いの遊歩道を少し散策。
時間が早いからか人もまばらで静か。
湖の中の小島や岩から木が生える様子には、長い時間をかけた自然の営みを感じる。


20071118212657.jpg

ビジターセンター近くにあるJRのバス停、十和田湖駅。
20071118212706.jpg

8:30発の『みずうみ701号』に乗車。
20071118212713.jpg

ちなみにチャリは車体横のトランクにこんな感じで入れさせてもらいました。
荷物が少なくて固定できないのが少し不安だったが特にトラブルもありませんでした。


8:45頃、子ノ口に到着。下車する。
焼山辺りまでそのままバスに乗って行く事も考えたが、せっかくなので奥入瀬渓流沿いを走ることに。


20071118212722.jpg

奥入瀬渓流沿いのR102はほとんど下りゆえ、平均25km/hくらいで焼山近辺まであっという間。
蔦川沿いのR103へ。


20071118212730.jpg

蔦温泉までは少しハードな勾配を300m弱登る。
木々のトンネルの中を走れるのはいいのだが、残念ながら車の交通量はそこそこ多いです。


蔦温泉到着後、まずはビジターセンターに行ってみたが、これまで行ったどのビジターセンターよりもこじんまりしてて展示パネルなども簡素でした。(^_^;)
早速、散策路を反時計周りに歩き始める。


20071118212739.jpg

20071118212747.jpg

20071118212808.jpg

20071118212759.jpg

散策路の中では一番大きい蔦沼。
湿地の雰囲気もありなかなかいい感じ。
20071118212817.jpg

20071118212826.jpg

散策路は時折人とすれ違う程度で静かに歩ける。
子供連れや年配の団体さんがいないのも幸い。
所々巨木もあり、自然の濃い森の中を歩いている感覚が気持ちいい。
20071118212845.jpg

20071118212836.jpg

本当に鏡のような鏡沼。
20071118212905.jpg

20071118212856.jpg

月沼。
20071118212918.jpg

ブナの原生林に混じって色々な種類の木々を見ることができる。
20071118212927.jpg

長沼。
野鳥のさえずりが聴こえる。
小型の双眼鏡を持ってくればよかった。
20071118212936.jpg

朽ちて倒れた木々にも色々な植物が・・・。
20071118212949.jpg

散策路は適度にアップダウンがあるものの歩きやすく整備されている。
20071118213423.jpg

20071118212958.jpg

瓢箪(ひょうたん)沼。
モリアオガエルの生息場所とのこと。


20071118213025.jpg

蔦温泉前にて。
20071118213006.jpg

散策路を一周してちょうどお腹も空いたので、売店のお婆ちゃんに天ぷら月見蕎麦とおにぎりをお願いする。
これが思いのほか美味かった。
汁まで完食。(^_^;)


20071118213016.jpg

蔦温泉の入口。
受付でお金を払い中に入ってみると、浴室が2箇所ある。
入口に近い方は久安の湯、廊下の先にあるのが泉響の湯。
久安の湯は昔からあるといった風情で、壁、床、湯船のほとんどが木造り。
面白いのは湯船の底の板の隙間から湧き出てくる豊富な温泉。
時々ぼこぼこと泡が湧いてくる。
こういう本物の温泉という雰囲気は久しぶり。
ちょっと感動。
一方、泉響の湯は久安の湯よりも造りが新しい。
湯船の底から温泉がぼこぼこと湧き出る点は久安の湯と同じだが、こちらは天井が非常に高くて(3階分くらいの吹き抜け)とても開放感がある。
個人的には歴史というか風情を感じる久安の湯が好み。
もっとゆっくり入っていたかったが、あまりのんびりもしていられないので、1時間程で温泉を出て出発。


20071118213034.jpg

20071118213043.jpg

20071118213050.jpg

蔦温泉からは来た道を下り焼山近辺でR102へ。
基本的に初日走ってきた道を戻る。
20071118213059.jpg

稲藁を束ねる人々。
なぜかいい風景だなぁと思う。


20071118213108.jpg

今回の旅でよく見かけたピンクの花。
食堂の花瓶にも生けてあったりした。
名前はわからない。
葉がないのか?地面から白い茎がすっと伸びているのが特徴的。


20071118213124.jpg

道の駅『奥入瀬』にて少し休憩。
おからドーナツ(だったかな?)が安くて美味しかった。


16:00前に十和田市駅に到着。
あまりのんびりもできず16:10発の十和田観光電鉄に乗車。
三沢駅でJR線に乗り換え、17:04に八戸駅着。


20071118213131.jpg

予定より1本早い17:30発の新幹線はやて86号に乗車。
いつも通り、車両内最後尾席に座り、座席裏にチャリを押し込む。
写真の通り余裕で入ります。
新幹線で座席裏にチャリを入れられなかったのは2年前の秋田新幹線こまちだけか・・・。
途中、仙台に着いた時はちょっと懐かしい気分になった。
昔何年か住んでいたので。
だが、その頃(10年以上前)よりも明らかに駅周辺の建物の明かりが増えたという印象(特に駅東側)。
都市に人が集まるというのはどこも一緒か。
20:36東京駅着。
行きが飛行機だったので帰りは久々に東北新幹線に乗ってみるかと思ったのだが、3時間は長かった・・・。(^_^;)
今回は2泊3日と少し慌しく周ったが、今度は八甲田の方まで足を伸ばしてみたいと思った。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。