BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
東松山・荒川・熊谷サイクリング
例によって手近なルートが思い浮かばず、サイクリング本に頼ることに・・・(^_^;)
埼玉・千葉自転車散歩(山と渓谷社)に載っている『東松山・荒川・熊谷大周回』をほぼそのまんま走ってみました。


■日時
  2008年6月1日(日) 晴れ
■行程
 ・自宅~[車]~吉見町ふれあい広場→ BD-1 →荒川サイクリングロード→ BD-1 →塩古墳→ BD-1 →吉見百穴→ BD-1 →八丁湖→ BD-1 →吉見町ふれあい広場~[車]~自宅
■お目当てなど
 ・特になし
■今回の走行データ
 ・走行距離: 50.4km
 ・走行時間: 3時間4分
 ・平均速度: 16.4km/h
 ・最高速度: 38.3km/h
 ・総上昇量: 262m
 ・ルート図 : 走行ルート(on Googleマップ)と高低図を表示する


のんびりと出発したので、デポ地、吉見町ふれあい広場に到着したのは昼近く。
梅雨の中休み、気温も上がり日差しも強くすっかり夏といった雰囲気。
BD-1を準備し出発する。
20080601.jpg

デポ地近辺には田んぼが広がる。
既にのんびり気分。
20080601 (1)

吉見総合運動公園を過ぎ、荒川サイクリングロードに乗る。
荒川もここまで上流に来ると、自然豊かな雰囲気が濃くなり気持ちよい。
20080601 (2)

20080601 (3)

20080601 (4)

荒川水管橋。
20080601 (5)

大芦橋を渡り荒川右岸から左岸へ。
20080601 (7)

大芦橋上からの眺め。
広大な河川敷の風景が広がる。
20080601 (6)

20080601 (9)

20080601 (8)

荒川左岸のサイクリングロードを北上する。
途中からダートになるがそれ程走りにくいという状態ではない。
20080601 (10)

20080601 (11)

20080601 (12)

荒川大橋を渡り、再び荒川右岸へ。
橋上からの眺めが気持ちよい。
20080601 (13)

20080601 (14)

荒川右岸のサイクリングロードを北上。
舗装路を走ってもよいが、眺めのよい土手上のダートを走る。
このダートもそれ程走りにくくはないです。
20080601 (15)

熊谷大橋近辺で荒川サイクリングロードを離れ南下する。
そこかしこに麦畑が広がり、空の青、木々の緑、麦の黄色が織り成す色彩がなんともいい感じ。
20080601 (17)

20080601 (16)

20080601 (18)

20080601 (19)

塩古墳群脇を通る。
こんもり盛り上がったいくつもの墳墓を見て、遠い昔に暮らした人々にちょっとだけ思いを巡らす。
20080601 (22)

20080601 (21)

20080601 (20)

20080601 (23)

埼玉・千葉自転車散歩(山と渓谷社)にも登場する立派な木。
根元にお地蔵さんを置いた人々の気持ちがなんとなくわかる気がします。
20080601 (24)

20080601 (25)

滑川町役場付近から東武東上線森林公園駅まではサイクリングロードを走る。
歩道と自転車道が分離されたサイクリングロードは木々に覆われとても快適。
並走する県道47号の車の交通量が多いのが少し残念だけど。
20080601 (26)

20080601 (27)

東松山市街地にて。
そこかしこに焼き鳥の店がある。
買い食いしようかとも思ったが、どの店にしようかと迷っている内に町を抜けてしまった。(^_^;)
20080601 (28)

吉見百穴にて。
小学生の時の社会科見学以来。
300円を支払う気にならず、外から眺めただけ。
いやー、懐かしい・・・というかほとんどもう記憶にないです。(^_^;)
20080601 (30)

20080601 (29)

八丁湖にて。
灌漑用に造られた周囲2km程度の人口湖。
周囲の散策路の途中には黒岩横穴古墳群などがあるようです。
時間があればゆっくりと散策したいところだったが、時間も遅くなってしまったので今回はパス。
20080601 (31)

最後は田園地帯をのんびり走り、デポ地へ戻る。
自然豊かな風景の中、予想以上に気持ちよいコースでした。
これでデポ地の近場にいい温泉施設があれば言う事なし。(^_^;)
20080601 (32)

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。