BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
関西サイクリング(7日目)
雨が多かった今回のサイクリング旅行も最終日は晴れ。
若草山登山に加え、奈良の寺社をかなり欲張って周りまくりました。


■日時
  2008年9月27日(土) 晴れ
■行程
 ・宿(奈良)→ BD-1 →元興寺→ BD-1 →興福寺→ BD-1 →春日大社→ BD-1 →若草山→ BD-1 →東大寺(二月堂、大仏さま)→ BD-1 →平城宮跡→ BD-1 →唐招提寺→ BD-1 →薬師寺→ BD-1 →奈良駅~[電車]~関西空港駅~[飛行機]~羽田空港~[電車]~自宅
■お目当てなど
 ・若草山登山
 ・奈良駅近辺の寺社巡り
■今回の走行データ
 ・走行距離: 28.5km
 ・走行時間: 2時間11分
 ・平均速度: 13.0km/h
 ・最高速度: 31.2km/h
 ・総上昇量: 215m
 ・ルート図 : 走行ルート(on Googleマップ)と高低図を表示する


7:30 起床。
ホテルの朝食バイキングは前日のホテルのコンビニおにぎりバイキングに比べればかなり充実。
もちろんその分お値段も高いが。
例によってしっかり食べる。(^_^;)
9:00前くらいにチェックアウト。
20080927.jpg

20080927 (1)

ホテル近くのコンビニ(前日と同じセブンイレブン)で補給食を調達後、細い裏道を東進。
古い街並みが落ち着いたいい雰囲気。
20080927 (2)

元興寺と間違えて入ったお寺(名前は忘れてしまいました)。
小さいながらも歴史を感じる風情あり。
20080927 (3)

元興寺にて。
部分的に1400年以上も昔の古代瓦が今もそのまま使われているそうな。
それ程観光客も多くないので落ち着いた気分になれるお寺です。
20080927 (9)

20080927 (7)

20080927 (6)

20080927 (5)

20080927 (8)

20080927 (4)

猿沢池をぐるっと周りながら興福寺の五重塔を眺める。
20080927 (10)

興福寺の境内を少しだけ散策。
20080927 (11)

春日大社を散策。
無数の灯篭と朱塗りの建造物が印象的。
20080927 (12)

20080927 (16)

20080927 (13)

20080927 (14)

20080927 (15)

若草山入口にBD-1を置き、今日のお目当ての若草山登山。
入口で150円を払い入山する。
頂上までのルートは左右2箇所あるが、自分は左側(北側)から登ってみました。
20080927 (17)

最初の斜面を少し登っただけで奈良の街並みが見え始め、既に感動気味。(^_^;)
20080927 (18)

斜面を水平に左側(北側)へ移動し階段を登ります。
20080927 (19)

木立の中に続く山道(階段があります)を少し歩くと視界が開け2段目の丘に。
奈良の街並みを一望。
少し登っては後ろを振り返り奈良の街並みを眺めてしまう。
そのくらい気持ちいい眺め。
20080927 (20)

20080927 (21)

20080927 (22)

頂上付近にて。
あ~登ってきてよかったと思える気持ちよい眺め。
それ程きつい登りではないので時間があればゆっくりと歩いて登ってくるのがおすすめ。
途中からの眺めも素晴らしいので、車で頂上まで来てしまうよりもはるかに楽しくて感動的かと。
間近にくつろぐ鹿の姿にも気持ちが癒される。
20080927 (23)

20080927 (24)

20080927 (25)

20080927 (26)

20080927 (27)

20080927 (28)

20080927 (29)

頂上で長居してしまったので、下りは少し急ぎ足で。
と言っても眺めがよくてしばし立ち止まってしまうのですが。(^_^;)
20080927 (30)

20080927 (31)

若草山入口まで戻り、チャリで少しだけ移動。
法華堂(三月堂)近辺にBD-1を置き東大寺の境内を散策する。
こちらは二月堂。
機会があればお水取りの時期(3月)にも是非一度来てみたいです。
20080927 (32)

20080927 (33)

20080927 (34)

20080927 (35)

20080927 (36)

大仏殿。
さすがに観光客が多い。
しかし、修学旅行で来たはずだが全く記憶にない。
そもそも子供の頃に歴史に思いをはせるなんてのは無理か・・・枕投げの記憶しかない。(^_^;)
大仏殿と大仏様の大きさ、そして存在感に今更ながら感動してしまいました。
20080927 (37)

20080927 (38)

20080927 (39)

法華堂(三月堂)。
20080927 (40)

南大門(内側より)。
20080927 (41)

BD-1の所に戻り、奈良自転車にて平城宮跡へ向かう。
奈良自転車道は県道44号を離れてからは車通りもほとんどなく静かで気持ちよく走れました。
20080927 (42)

20080927 (43)

平城宮跡にて。
だだっ広い何もない所と言ってしまえばそれまでだが、その昔都があった所と思えばまた違った印象になる。
平城宮跡資料館に立ち寄り、朱雀門近くを通って平城宮跡を後にする。
20080927 (44)

20080927 (45)

引き続き奈良自転車道を走る。
秋篠川沿いを南下。
至極快適。
20080927 (46)

唐招提寺に到着。
わかってはいたが、金堂が解体修理中だったのが残念。
しかし、それ以外にも見ごたえ十分。
苔むしたお庭が素晴らしかったです。
それ程観光客が多くなかったのでしんみりと散策できました。
20080927 (47)

20080927 (48)

20080927 (49)

20080927 (50)

20080927 (51)

20080927 (52)

20080927 (53)

20080927 (54)

再び奈良自転車道を南下。
20080927 (55)

最後の薬師寺にて。
昭和40年以降に再建した建物がほとんどのようで唐招提寺などに比べると歴史の重みみたいなものはあまり感じられない。
その中で唯一創建時から残っている東塔(写真3枚目)はやはり歴史が感じられる佇まい。
20080927 (56)

20080927 (57)

20080927 (58)

20080927 (59)

20080927 (60)

歴史の道を経て奈良駅に戻る。
20080927 (61)

16:48発のJR関西本線に乗車。
旅の余韻に浸りながら奈良を後にする。
17:24 天王寺駅着。
天王寺駅でJR関空快速に乗り換えるのだが、駅もホームも激しく混んでいて思うように移動できず、おまけに前4両しか関空に行かない上に電車も人が溢れんばかりという事で1本見送り。ちょっとあせる。
輪行するには非常に辛いパターン。(^_^;)
そうそう、関東とは逆で関西のエスカレーターでは右側立ちというのを失念し左側に立ったらひんしゅくを買ってしまいました。BD-1を持ってエスカレータを登るのも危なっかしい(立っている人にぶつかってしまう)ので後ろの人には悪いとは思いつつ我慢してもらいました。
17:54 天王寺発のJR関空快速にどうにか乗車(自転車を輪行するのであれば列の一番先頭に並んでいるくらいでないと乗れないかも)。
車内は初め激混みだったが関空に近づくにつれ空き始める。
18:42 関西空港着。
BD-1を手荷物カウンターに預け、和風のあっさりしたラーメンで少し腹ごしらえ。
20080927 (62)

19:50 発のANA148便に搭乗。
滑走路の混雑により毎度の事ながら出発は10分以上遅延。
予定よりも大幅に遅れ、21:20くらいに羽田空港到着。
自宅の近くまで直通のリムジンバスに乗り損ね、仕方ないので電車で帰宅。
奈良からであれば京都まで出て新幹線で帰った方が楽だという知人のアドバイスもあったが、一度関西空港使ってみたかったんですよね・・・。
次回からは新幹線使います。
天王寺の混雑はもう御免なので。(^_^;)


■まとめ
今回のサイクリング旅行は雨が多く、浦富海岸の遊覧船巡りや傘松公園からの天橋立の眺望を楽しむ事はできませんでしたが、日本海側の海岸線の眺めは素晴らしく、また最終日は天気に恵まれお目当てだった若草山登山を十分に楽しむことができました。
短期間で計画した割には色々と見所があり、なかなか楽しめたのではないかなと・・・。
いつもの事ながら人々との些細なやりとりも旅の貴重な思い出になろうかと思います。
浦富海岸の遊覧船巡り、傘松公園からの天橋立など今回諦めた場所はまた別の機会の楽しみということで。(^_^)


■今回の総走行データ
 ・走行距離: 385.8km
 ・走行時間: 27時間38分
 ・平均速度: 14.0km/h
 ・最高速度: 58.5km/h
 ・総上昇量: 3593m
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/25(木) 14:07:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。