BD-1サイクリング日記

BD-1でのサイクリングを中心に暇な時間を見つけてのんびりと書いてます。走行ルートをGoogleマップで公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
徳島・高知サイクリング(2日目)
2日目は徳島から高知へ続く東海岸を走り室戸岬まで。
前々より走りたかったルートです。


■日時
  2008年12月31日(水) 晴れ
■行程
 ・宿(日和佐)→ BD-1 →夫婦岩→ BD-1 →室戸岬→ BD-1 →室戸岬灯台→ BD-1 →最御崎寺→ BD-1 →室戸スカイライン→ BD-1 →宿(室戸)
■お目当てなど
 ・室戸岬
 ・室戸岬灯台
■今回の走行データ
 ・走行距離: 72.2km
 ・走行時間: 5時間18分
 ・平均速度: 13.6km/h
 ・最高速度: 47.4km/h
 ・総上昇量: 744m
 ・ルート図 : 走行ルート(on Googleマップ)と高低図を表示する


少し早起きして7:22 日和佐駅発のJR牟岐線に乗車。
日和佐が海亀の来る町とは知りませんでした。
近くにうみがめ博物館なんてのもあるようです。
8:27 海部駅着。
20081231.jpg
20081231 (1)
20081231 (2)
国道55号を南下。
海が綺麗でしたねぇ。
空気もすっきりとしていて景色に透明感があります。
20081231 (3)
20081231 (4)
20081231 (5)
20081231 (6)
20081231 (7)
20081231 (8)
20081231 (9)
20081231 (10)

化石漣痕。
海底の波の跡が化石となったものです。
20081231(99).jpg

水床湾(みとこわん)近辺。
阿波の松島と呼ばれているところです。
とにもかくにも海が綺麗!
20081231 (11)
20081231 (12)

竹ヶ島近辺。
少しお目当てにしていたマグロを食べられるお店は年末年始休みでした。
20081231 (13)

甲浦近辺(だったかな?)。
20081231 (14)
20081231 (15)
20081231 (16)

ちょくちょく目にするお遍路さんの札所案内板。
お遍路巡りしている人の姿もたまに見かけました。
20081231 (17)
20081231 (18)
20081231 (19)

車もまばらな国道55号をひたすら南下。
左手には広大な太平洋。
どこまでも続くかのような海岸ルート。
20081231 (20)
20081231 (21)
20081231 (22)
20081231 (23)

夫婦岩にて。
しめ縄で結ばれた2つの岩が夫婦岩です。
20081231 (24)

こちらは少し先に進んでから振り返って見た夫婦岩。
20081231 (25)

補給食も尽き、空腹を感じ始めたものの、なかなかこれと言った食事処がないままダラダラと走り続けていたのですが、どうにも我慢できなくなった時に食事のできそうな喫茶店を発見。
建物の2階にある店内からは目の前に太平洋が見渡せてなかなか気持ちよい。
お年寄り夫婦(?)で切り盛りされている雰囲気がなんとなくのんびりしていい感じでした。
天ぷら蕎麦定食(だったかな?)もなかなか美味かったです。
20081231 (27)
20081231 (26)

室戸岬近辺にて。
弘法大師ゆかりの地をのんびり散策。
室戸岬と言えば強風の地だけあり、植物は岩場にへばりつくような感じのものが多いです。
20081231 (28)
20081231 (29)
20081231 (30)
20081231 (31)
20081231 (32)
20081231 (33)

室戸岬南端を周り、室戸スカイラインを登る。
少しきつめの勾配をゆるゆると登ると、海岸線が眼下に広がり始めちょっと感動ものの景色を拝めます。
ここからの眺めはオススメです。
20081231 (34)
20081231 (35)

室戸岬灯台を散策。
高所にあるため、灯台そのものの高さはとても低い。
灯台は全国あちこち見てきたけれど、こんなに寸詰まった形のものは初めてかも。(^_^;)
20081231 (36)

24番札所、最御崎寺(ほつみさきじ)。
20081231 (37)

室戸スカイラインを北上。
真っ赤な夕焼け空を期待したが・・・残念ながらいまひとつ。(^_^;)
室戸市街地へと向かう。
20081231 (38)
20081231 (39)

室戸の市街地をウロウロして夜食を調達。
年の瀬、大晦日、すっかり暗くなった街を彷徨いつつ宿に向かったのでした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。